■ロクヨンアラカルト

ニンテンドウ64に関する雑学的なもの。


【NINTENDO64本体と同時発売のソフト】

記念すべき本体の発売日は、1996年6月23日です。定価は25,000円でした。同時発売ソフトは「スーパーマリオ64」(任天堂)、「パイロットウイングス64」(任天堂)、「最強羽生将棋」(セタ)の3本。


【NINTENDO64のキャッチコピー】

「ゲームが変わる、64が変える」

これがNINTENDO64が掲げていたキャッチコピーです。"量的拡大よりも質的向上"という意味合いがある一方、やはりその本質は"ゲーム(遊び)を変える"ということでしょう。現に、NINTENDO64にはそれを垣間見れる部分が多数存在していました。ゲームボーイとの連動や64DDによる製品群構想がその一例だと思います。


【NINTENDO64の名づけ親】

コピーライターの糸井重里氏が「NINTENDO64(ニンテンドウ64)」と命名されたみたいです。ちなみに、「バーチャルボーイ」も。


【NINTENDO64本体のデザインをした人】

任天堂開発3部の芦田健一郎氏が本体のデザインを担当。芦田氏は、スーパーNES(海外版スーパーファミコン)、64DDも手掛けられました。開発3部は、NINTENDO64本体や64DD本体の開発に携わった竹田玄洋氏が部長を務める部署。


【NINTENDO64で最も定価が高かったソフト】

イマジニアから発売された「超空間ナイタープロ野球キング」の定価9,980円が最高値。実売価格は、ワゴンセールなどの特価商品の常連でしたけど。出荷数が多すぎたんでしょうね。逆に「超空間ナイタープロ野球キング2」は、結構品薄だったと思います。


【NINTENDO64で最もタイトルが長いソフト】

ハドソンから発売された「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー電流イライラ棒」。ひらがなで数えると、33文字。長いっ!


【幻になった64DD版『MOTHER3』】

『MOTHER3』は当初64DDで発売予定でしたが、開発が難航し発売中止に。しかしながら、のちにゲームボーイアドバンスで発売されることになった経緯があります。


【ALECK64(アレック64)】

ALECK64とは、セタが開発したNINTENDO64との互換が容易なアーケードゲーム用基盤のこと。アーケードでは「スターソルジャー バニシングアース」の稼働実績があるものの、 アーケードからNINTENDO64への移植作は発売されることはありませんでした。


【gemzi(ゲンジ)】

子供向きソフトが多いと言われていたNINTENDO64の中で、年齢層の高いユーザーにアピールすることを目的として発足したブランド名のこと。特定のメーカーに限らず、ソフトの内容が「gemzi」のイメージに合っているのなら、このブランド名で発売することが可能だったみたいです。仕掛け人は、香山哲氏。第1弾は「バイオレンスキラー」でしたが、後続が続かず、最初で最後の「gemzi」ブランドソフトになってしまいました。


【ランドネットの名前の由来】

64DDの販売などを担当していたランドネットディディは、任天堂とリクルートが共同出資して設立された会社。英語表記すると「Rand」で、リクルート&任天堂のアルファベットの組み合わせが名前の由来。

R → "R"ECRUIT(リクルート) a → "a"nd(&) nd → "N"inten"d"o(任天堂)


【ファミ通クロスレビュー史上初の40点満点のソフト】

週刊ファミ通の名物コーナーとも言える「クロスレビュー」。4人のレビュアーが、各10点の持ち点とコメントにより評価する、ソフトレビューコーナーです。そのクロスレビューで、創刊13年目にして初めて40点満点の栄誉に輝いたソフトは「ゼルダの伝説 時のオカリナ」でした。


【振動パックで電池が要る理由】

1人プレイ専用を想定すれば、技術的には本体からの電源供給で「電池不要」が実現できたといいます。ただ、4人同時プレイで4個を振動させるためには、本体だけの電源供給では足りず、その結果、電池が必要になったとか。


【『赤と黒』】

『007 ゴールデンアイ』の流れを組む続編的ソフト『パーフェクトダーク』。海外で先行発売されて評判も上々でしたが、国内正式リリース発表の際、タイトルが『赤と黒(仮)』に変更されていました。当時の任天堂系個人サイトの掲示板では、このタイトル変更に対する議論が活発に行われました。結局は『パーフェクトダーク』での発売になりましたが、タイトル名でこれほど物議を醸したソフトも珍しいのでは。


【レア社】

1980年にパソコンゲームを制作する会社として設立したイギリスのメーカー。NINTENDO64での代表作は、『007 ゴールデンアイ』、『パーフェクトダーク』、『バンジョーとカズーイの大冒険』、『ドンキーコング64』など。当時、任天堂とはいい意味でライバル関係にあると言われていて、レア社開発のソフトは任天堂ブランドで発売されていました。


【ニュートラルポジション】

NINTENDO64本体の電源スイッチが入った時の、3Dスティックの位置のこと。3Dスティックが傾いている場合、傾いている状態がニュートラルポジションとして設定されてしまい、正常に操作できなくなるので注意が必要。3Dスティックから指を離し、L、Rを押しながらスタートボタンを押すことで再設定することができます。『F-ZERO X』では、超高速状態での不安定なマシンの操作を楽にするように、わざとニュートラルポジションを上に設定する技もありました。

ツイッター

無料ブログはココログ